映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主


Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« ブラック・クランズマン(2018) | トップページ | ゾンビランド:ダブルタップ(2019) »

2020年4月18日

コロナウイルス感染疑い患者における検査(案)

コロナウイルスの感染を怖れ、市内のクリニックでは診療拒否する所が増えている。感染すると、自分たちの入院が必要になるかも知れないし、感染していなくとも休診扱いにされたら大変だ。訴訟沙汰も考えないといけない。給与をどう保証するか、経営的な問題も大きい。そんな心配が起こるのは当然だ。

保健所では、PCR検査を安易に受け付けられない。検査できる能力が限られているし、やって来られると対応で現場が疲弊してしまう。よほど重症な患者か、極めて典型的な症状、感染者との接触者でない限り検査は拒否し、自宅での観察を勧めざるを得ない。

でも、診療を拒否された患者さんは非常に不安だろう。

問題点は、①検体採取の際に、医院側が濃厚接触者として扱われないか、明確な保証がないこと、②防護服やゴーグルの入手の目途が立たないこと、③費用がかかる防護はできないこと、④感染疑い事例を紹介しても、病院に受け入れられる人員の余力、余剰ベッドがないこと、などだろうか?

診療所レベルで、インフルエンザやアデノウイルス、溶連菌感染、一般的な細菌感染症などを否定し、重篤な肺炎像がなく、酸素分圧の低下もないと確認できれば、入院は遅らせ、自宅療養が可能と判断できる。根拠があるから、ただ電話で言われるよりも、患者の安心感は深まるだろう。

特にこの冬のインフルエンザの流行時期には、混乱が予想される。電話でコロナかインフルエンザか、診断するのは難しい。インフルエンザの簡易検査を使わないのは問題だ。そしてコロナウイルスの簡易検査ができたら、ぜひとも使いたい。でも、現行のままでは防護服の着用を要求され、実施に不安をともないそうだ。

簡易な防護法で検体検査ができて、それを保健所が認めてくれれば、流れが非常にスムーズになるかも知れない。無駄な心配を減らす効果、もしかすると感染拡大を抑止する効果も期待できる。以下に採取手順の案を記載した。認められれば良いのだが・・・

Photo_20200418110801

検査手順
① ビニル袋90L用を、患者さんの了解をとって被せる。
② 検査の場所は駐車場など、屋外に限定する。
③ 検査施行者は、マスクと手袋を着用。
④ 検者は袋の外側から検査棒を扱い、検体を採取。→ A
⑤ 患者さんの協力を得るなどして、検体を容器に移す。→ B
⑥ インフルエンザ抗原等の簡易検査は、袋の内部で施行。
⑦ 他の検査がなければ、袋を外す。
⑧ 容器を封入する(提出の場合は二重に)。→ C

⑨ 袋は使い捨てし、再利用しない。
⑩ 窒息など、想定外の事故への注意を怠らない。

 

 

 

« ブラック・クランズマン(2018) | トップページ | ゾンビランド:ダブルタップ(2019) »

無料ブログはココログ