映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主


Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« オズランド 笑顔の魔法教えます(2018) | トップページ | シャザム!(2019) »

2019年9月23日

むらさきのスカートの女(2019)

Asahi

- 朝日新聞出版 -

ホテル清掃業に従事する主人公は、近所の女に興味を持つ。こっそり彼女を誘導し、自分の職場に勤務させ、親密になろうと考えるが・・・ 雑誌の文芸春秋上で掲載された作品を拝読。本は朝日新聞出版から出ているらしい。 きっと映画化されそうな気がしたので、この劇場に登場していただく。

著者の今村夏子氏は実際にホテル清掃に従事していたことがあるそうで、職場の実情には詳しいと思える。ただ、ホテル清掃をしながら小説家を目指すという生き方は、劇場主には理解し難い。なんとなくだが、図書館員などが望ましい気がする。何かのバイトをしないと生きてはいけないが、正職員になってしまうと時間がなくなるし、モティベーションも下がって普通のOLになる、そんな理由から、あえてバイトを続けていらしたのかも知れない。

作風や主人公の個性は、「コンビニ人間」と少し似ているように思う。両作ともヒロインは仕事をこなしていて、恵まれた経済的状況とは言えない。結婚を意識している様子でもない。おそらく、そんな余裕はなさそうだ。ただし本作の場合は、ストーカー行為をやらかしているので、より病的な印象があり、最後には犯罪めいた行為をやってまで、紫のスカートの女と親密になろうと考えているようだから、人物像はずいぶん違う。

ストーカー女の考え方が面白い。人に面と向かって意見できるような性格ではない様子で、影の薄い、目立たない人間であることも的確に表現されていて、俳優が演じると面白そう。怖い喜劇になるだろう。ぜひとも上手い女優さんに演じてもらいたいものだ。 

紫のスカートの女の変貌にも興味を持てた。化粧っ気のない女が化粧をするようになり、恋人もできて、職場では高く評価されたり、嫌われたり、その変化は自然に思えた。実際に作者が職場で経験された事例があったのかもしれない。 女に対する職場の人間関係の変化は、よくあるパターン。慣れない間は先輩から世話をされ、心配もされて、仲良くもなれるが、何かの欠点や待遇のちょっとした違いに気づかれると、その面が強調されて急激に反感が生まれる、そんなことは良くある。

劇場主自身も、職場で孤立する傾向があった。公立病院に勤務することが多かったから、公的病院によくある馴れ合い関係、公務員的態度に不満を持っていた。過剰なサービスを求めると、他の職員は困る。抜け駆け、独断、協調性のなさ、卑屈なサービス精神、過剰な潔癖性。そんな態度は民間でやってくれ、一人でやれよ・・・口に出さなくとも、そんな視線を感じる。自分が満足したいという精神衛生上の理由のために、同僚との協調性を欠いた行動をとっていたのは事実だ。反論できない。

だが、退職後に元の勤務先を訪れると、管理者が代わって怠慢だった多数の職員がいなくなっていた。おそらく、あのままでは病院として成り立たないと判断されたのだろう。劇場主が感じた問題点は、管理者側、利用者側から見るなら当然のことだったのかもしれない。

 

« オズランド 笑顔の魔法教えます(2018) | トップページ | シャザム!(2019) »

無料ブログはココログ