映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« 夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語(2009) | トップページ | SING/シング(2016) »

2018年6月13日

米朝首脳会談(2018.06.12)

Ap

- AP? -


2018年の6月12日朝から、シンガポールでトランプ大統領と金正恩氏が対談し、合意文書を交わした。画像は、おそらくAP通信が発信したものではないかと思う。朝からテレビでもネットでもライブ映像が流れていた。   


まるで劇場のようだと思ったので、この劇場で上映することにした。  


歴史的な会談だったと思うのだが、会談内容ははっきりとは公表されていない。トランプ氏は著名した文書を記者団に見せたようで、そこから概要が報道された。文書を見せて良かったのか分からない。相手国も了承しているなら問題ないし、トランプ氏がいつもの癖で記者たちに見せただけなら、北朝鮮国内に反発を生じ、後で問題になるかも知れない。会談後に結構長い時間、トランプ氏は記者会見を開いていたが、北朝鮮側が何かを公表したかどうかは分からない。一方的な会見だけなら、会談の本当の内容は分かりようがない。   


会談の前には、様々な評論家たちが合意内容について予測をしていた。朝鮮戦争の終結に関しては、宣言が出るかもしれないと述べる人もいたが、おそらく宣言してもひっくり返される可能性があり、まだ早すぎるのではと感じていた。今のところ終結宣言は出ていないし、合意内容を見る限りは終結に向けての交渉開始程度のレベルのようだ。それが現実的だし、双方が合意できそうな基本部分だと思う。  


北朝鮮が今後どのような行動をとるのかは分からない。普通に考えるなら、時間をかせいでいる間に作業を進め、核の完全な廃棄が困難な状況に持っていくことが考えられるが、米国の監視をかいくぐって作業を完成させるのは難しいと思う。隠れた行動を指摘された場合、危機は一気にやってくる。今までのようには行動できないのではと予想する。  


そもそも、既に出来上がった武器と技術を完全に排除することができるものなのだろうか?技術者の全員が亡くなり、隠された施設も破壊され、武器もすべて解体されるなど、そう簡単にできそうには思えない。山の中、地下、一般の家屋に分散して保管し、いざとなれば直ぐに合体させて実戦で使うといったことも、ある程度はできそうに思える。民家の一軒一軒を探索するのか?それは現実的じゃない。かなりの状況を把握したが、不安は残る・・・そんな程度しか達成できないと予想する。  


米国の狙い、最終的な落としどころも分からない。実際に戦争になることは望んでいないと思う。戦争で得るものは核兵器の排除による安心だけだろうが、中国やロシアの脅威がなくなるわけじゃない。朝鮮半島の北側を得ても、管理はややこしく、後が面倒になるだけだろう。失うものは多くの兵士、多額の費用、韓国人や日本人の命と、国際的批難。もしかすると米国都市への核攻撃で、国内に甚大な被害が出るかもしれない。それらは誰でも分かることだから、戦争は回避されるだろうと思う。    


でも、当事者達の予想を超えることで会談が無駄に終わる可能性もある。とりあえず第一歩は踏み出せただけという状況だろうか?    


 



« 夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語(2009) | トップページ | SING/シング(2016) »