映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主


Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること(2017) | トップページ | 人口と日本経済(2016吉川洋著) »

2017年10月20日

ムーンライト(2016)

Moonlight

 

- A24,PlanB etc. -

 

2016年のアカデミー作品賞は・・・・ラ・ラ・ランド!じゃなくって、ムーンライト!という、ギャグのようなやりとりがあった作品。あのミスはスタッフのせいだったらしいが、よりによって大事な場所で、あんな大きなミスが起こったのには驚いた。DVDで鑑賞。

 

この作品、DVDの棚では、あまり高い評価を受けていないようだ。たくさんの品が残っていたし、入荷直後に一週間レンタルが可能になっている。作品賞を取っても、日本では無視されるに近い扱いを受けているのが現状。仕方ないかも知れない。

 

テーマがそもそも日本向きではない。黒人の底辺層の、それも性的マイノリティーの物語。とことんマイナーで、日本人には滅多にかかわりがない世界。そして殺し合い、カーチェイス、カンフーアクションもない。さすがに、興味を惹きやすいとは言えないだろう。だが、賞を取りやすいことも確か。テーマを絞るのは、戦略としては間違っていない。

 

何かに焦点をあて、問題を洗い、事実を明らかにする、あるいは解決の必要性を訴える、それが映画やルポに求められる意義。この作品は珍しい分野にスポットを当てたから、何か訴えているはずだ。でも、劇場主にはあまり理解できなかった。性的社会的マイノリティに温かい目を向けろということか?まさか犯罪者に?

 

性的な部分が、特に理解しがたかった。あのような関係は、実社会でありうるものだろうか?高校生くらいでは、自分の立場を悪くすることが怖くて、たとえ親しい友人の前でも、自分の性的特徴を隠すのではないかと思う。偶然、同じ感覚の人間が友人だったら、早く確認できることがあるかもしれないが、確認は非常に怖いことではないか?しかも浜辺でとは!誰か見ていたら、命の危険さえあるはず。

 

それに実際に性的マイノリティーの人物が、ギャングの世界でのし上がっていけるものなんだろうか?ホモセクシャルな人間は、芸術、芸能関係者には多そうだが、切った張ったの世界では弱みにこそなれ、強味にはならないと思う。だが、男の中の男という雰囲気の豪傑は、現代の裏社会では生き残りにくいだろう。むしろ繊細で用心深く、大人しい人物こそ残るかもしれない。

 

はたしてアカデミー賞に相応しい作品だったのだろうかと、最後まで感じてしまった。ラ・ラ・ランドを押しのけて?「フェンス」も素晴らしい作品だったが・・・途中で非常に美しいシーンはあり、子供時代の心細い心情の表現方法には感心もしたが、優れたストーリー展開だったか、誰にでも強い感動を残すような作品なのかは疑問に感じながら観ていた。

 

ヤクの売人を演じていた俳優は雰囲気が出ていた。助演男優賞を取ったそうだ。目つきや所作が、日本の怪しい連中と共通している。洋の東西を問わず、怪しい連中はグローバルに目つきや動作を共有しているのかもしれない。作品のストーリーを参考にすれば、彼らは幼少時は体が小さく、虐げられ、劣悪な環境で育って、それを克服していく中で、なぜかグレる結果に陥るのかもしれない。   

 

少年時代を演じた子供は非常に可愛らしかった。彼が浜辺で振り返るシーンがラストで見れたが、作中で言われていたように確かに青っぽい色彩に染まって見えた。彼が可愛らしかったので、主人公に同情したい気持ちになったが、青年期以降の描き方に何か足りない印象も受けた。例えば女子と親しくなり、やがて拒絶されるなどのエピソードはありそうなものだが・・・?

 

 

 

 

 

 

« 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること(2017) | トップページ | 人口と日本経済(2016吉川洋著) »

無料ブログはココログ