映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« エンド・オブ・キングダム(2016) | トップページ | グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016) »

2017年4月29日

宝島(1950)

Treasure_island

- Disney -

少年が瀕死の老人から預かった地図には、海賊の宝物の場所が記されていた。宝を探しに、少年と町の有力者が旅に出るが・・・

・・・DVDで鑑賞。ディズニー最初の長編実写版作品らしい。印象としては、戦前の冒険映画のような古い作り方で、明らかにスタジオでの撮影と分かるシーンも多く、技術的に優れている印象はなかった。でも、クセのない演出で家族が楽しめるように作られていて、今でも子供が鑑賞可能な作品かも知れないと感じる。非常に受けるだろうとは言えないが・・・

主人公を演じていたのはボビー・ドリスコールという少年で、特別利口そうな顔つきとは感じなかったが、笑顔がかわいらしかった。当時の有名子役だそうだ。早世したらしいのも、当時の子役らしい。

悪役のジョン・シルバーを演じた俳優は、目つきを思い切り怪しく演じていて、なかなか良い表情だったと思う。今なら、おそらくもっと怖い顔をした俳優が演じて、もう少しリアルな方向で演じるのではないかと思うが、この作品の当時だとオーバーな表情が要求されたんだろう。

この悪役の個性が大事だった。単純な殺し屋では面白くない。利己的な面と友情にあつい部分、少年との独特な関係、頭の回転の良さ、度胸、度量。それらが独特な魅力になるよう、作者が意図して作り上げた個性だと思う。後年の「トレジャー・プラネット」などでも、その点は守られていたようだ。つまり、キャラクターが愛されていたということだろう。

映画についてよく思うのだが、悪役の出来は作品の出来映えに直結するようだ。主役の魅力ももちろん大事だが、悪役にクセがあって、悪いやつだが愛すべき点もある場合、作品の魅力はかなり増す。このジョン・シルバーこそ、その点で代表選手と言えるだろう。

魅力的なジョン・シルバーに対し、先日辞任した今村雅弘・前復興相は、魅力に欠ける印象を受けた。

政治家には悪役の顔をした人が多いが、魅力ある悪役顔の人もいる。今村氏は、そういったタイプではなくて真面目で、腹黒くない人物ではないか?東北地方の人々に対して、深い同情を持っていたのかどうか?そこは簡単には分からないが、テレビで表情を見る限りは、あまりなかったようだ。それを、そのまま吐露したに過ぎないのかも知れない。

氏が東北を目の敵にしよう、復興させまいといった本物の悪い意図で行動していたはずはない。自分に課せられた仕事はちゃんとこなそう、復興支援しようと考えていたはず。ただ、心から同情して献身したいような素振りはなく、淡々と職務をこなそうという程度の姿勢だったのでは?それだけなら、他の政治家も役人もおそらくそうで、際だって酷い人物とは言えない。

氏はJRの管理職だったそうで、日本会議に賛同(所属?)しているせいか、出世が非常に早い。勝手に想像すると、管理する側のイメージが思考の中心にある人物かも知れない。管理させたら優秀。役人タイプで権益を小出しにして大盤振る舞いはしない、情にほだされない、そんな個性を期待されて就任した面もあったのかも知れない。

しかし、復興は情をともなう分野だ。悲しみや怒り、絶望、そして復興にかこつけた欲が渦巻く怖い世界だから、情に対する配慮も必要。無茶な要求も多いと思うけど、それを端的に無茶だと指摘してはいけない。お茶をにごさざるを得ない場合もあるだろう。

要は、嘘が下手だったのでは?・・・もう遅いかも知れないが、悪役ジョン・シルバーの演技を観て、参考にして欲しい。魅力ある悪役、それが目指すべき(?)道かも。

 

« エンド・オブ・キングダム(2016) | トップページ | グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016) »