映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« マージン・コール(2007) | トップページ | 歩いても歩いても(2007) »

2014年7月27日

プレーンズ2 ファイヤー&レスキュー(2014)

Disney

- 恋は? -

航空レースのチャンピオンになった主人公の飛行機ダスティだったが、不注意から火災を起こしたため、自分が消防士になって町を守る必要が出る。訓練に向かったダスティは、そこで危機に陥る・・・

・・・「カーズ」と同じ流れで飛行機や整備機械が人格を持つ話。前作は観ていない。海の日なのに、子供の塾があったため遠出はできず、時間つぶしの娯楽として、しかも子供が観れる映画として選択。劇場で鑑賞。お休みの日だったが、観客は少なかった。

でも、この作品は話としてまとまっていて、昔のディズニー映画の伝統を受け継ぎ、勧善懲悪、勇気や友情をテーマにした子供には最適な作品だと思った。風景を再現した映像も非常に素晴らしく、空を飛ぶ飛行機の動きのダイナミックさは見事。

画像の風景を見ても、木の陰や風で葉が動く様など、再現して表現する力は大変なもの。総て手作業でやると大変だから、元の画像に風モードを挿入すると計算上このように変化するといった処理をさせ、コンピューターによって作製しているのではないかと思う。

火災によって木が倒れたり、機体が火ぶくれする様子なども非常に細かく見事に再現されていた。

各々のキャラクター設定に関しても非常によく考えてあった、さすが手馴れたプロ集団の技を堪能できた。この作品は、家族で楽しむことが出来る。安心して観ていられる。恋人と観る映画ではないと思うが、小さい子供となら充分だ。

恋人と観る映画には向かない。そこには疑問が湧く。恋の要素がないのである。パート1では、もしかするとあったのかもしれない。整備役の機械のキャラクターが女性だったから。でも今回は妙な年上らしい同僚が迫ってくるだけ。せっかくだから、恋の争いがあっても良くなかったろうか?

年配のキャンピングカー夫婦が昔の旅行を懐かしむといった、高齢者向けの愛情の話はあったものの、それだけでは足りない。今の若者の恋の話が全くないのは、話の盛り上げにはよろしくない。主人公が恋しなくても良いから、レスキュー隊仲間の恋が成就するようなハッピーな話は、おそらく必須だったのではと感じた。

« マージン・コール(2007) | トップページ | 歩いても歩いても(2007) »