映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« 小川の辺(2011) | トップページ | アメイジング・スパイダーマン2(2014) »

2014年4月28日

インポッシブル(2012)

Telecincocinema

- 危機管理 -

スマトラ沖地震の津波に被災した家族の物語。津波に流された家族はバラバラになり、母親は傷を負ってしまう・・・・

・・・4月22日にDVDで鑑賞。

この作品を観ようと思ったのは、韓国の客船事故がきっかけ。事故は残念な結果に終わりそうだが、大きな災害に巻き込まれた人の心を思っていたら、不謹慎なことにディザスター映画を観たい気になってしまった。

気の毒ではあるが、外国の災難は同情しながらも他人事で、自分が嘆き悲しむ対象ではないからだろうか?あるいは不安感から、何か教訓を得たい気になったからか?東日本震災の報道とは違った感情で見ている自分に気づく。本当は正しいことではないのだろうが。

この作品は家族で観ることもできそうな気はするが、怪我のシーンは結構リアルで、気持ち悪くなる子もいるかも。恋人と観る作品として、全く楽しくはない点が気になる。でも、陳腐な作品ではないし概ね悪趣味でもない。基本として、災害を描くこと、特に最近の災害の場合は描き方が難しい。

CGの出来は非常に素晴らしい。おそらく、波が襲ってくるシーンは総て合成だと思うが、どう見ても実物の波としか思えないほど良くできていた。あのシーンは、東日本震災の被害者には良い印象を与えないかも知れない。リアルで直接的過ぎる。

怪我も非常にリアル。津波に流されながら怪我をする様子を、とがった枝などを解りやすく写しながら、克明に描いていた。そこまでやる必要があったのか疑問には思ったが、リアルである点は確か。

子供達の描き方は、充分だったとは感じなかった。ヒロインの話が、この作品の中心だったからかもしれない。通常のメロドラマ路線なら、子供を中心にするだろう。子供が被災する様子を描けば、簡単に涙頂戴の作品になる。バランス的には、離れ離れになった幼児の表情に中心をおいたほうが良かったと思う。

思えば、外国で被災した場合に、幼児を他人に預けて自分が他の家族を探索するなど、やってはならない行為。この作品の御主人は、会社から干されても仕方ないアホウである。何があるか解らない混沌とした状況では、幼児は絶対に手元から離してはいけない。子供がいかに不安になるか、考えてみれば解るだろう。

長男や奥さんなら大怪我してなければ助かるが、幼児の場合は人身売買される危険性だってある。助かった命を大事にしないといけない。

メーキャップが激しかった。ヒロインのナオミ・ワッツの顔色が徐々に悪化していく様子が、オーバーだとは思うが、丁寧に再現されていた。ICUで亡くなる患者さんの場合は、失血で青白くなるとしても死相がはっきり出ることは稀。でも、設備も薬も足りない場合は、画像のような酷い顔になる場合もあるのかも。

悪液質になって、DICや多臓器不全の状況になったら、意識の方がまず悪化し、会話など難しくなる。だから作品内の描き方にはたぶん演出があったのでは?

もし、ヒロインのような怪我をしたら、とりあえず圧迫して止血することが優先される。太ももの裏側は酷い状態だったが、肉を寄せて圧迫してしばらくすれば、おそらく止血する。感染でうなされるだろうが、あの地域の地理を考えると、1日以内には救助がくる可能性が高い。動かない方が良い。

余震での津波は、比較的軽い傾向がある。大型余震が頻発しないかぎり、津波は数回程度やり過ごせばいいので、無理に木に登らなくても良かったのかもしれない。一人が登って、襲ってくるかどうか監視する役目を負うほうが現実的かも。その土地の状況にもよるが。

プーケット島あたりでは、地震の情報は伝達されないのだろうか?日本の海水浴場の場合、小規模なところでも監視員が複数いることが多い。ラジオなどで情報を得て、近海発生の津波以外なら退避も可能だろう。近海の場合は、揺れで直ぐ解る。管理体制に問題があったのかもしれない。

さて、韓国の客船の事故だが、積載されていた荷物が極端に多かった、改造して重心が高くなっていた、操船が無茶だった、管理者がいなかった、訓練が行われていなかったなど、怖ろしい情報が伝わっている。本当の原因は解らないが、怖い話。韓国旅行には行きたくなくなってしまった。

真相の究明のためには、とにかく真実を語らせるために容疑者への保障が必要。真実を言わないと殺すといった脅迫は逆効果。責任者は、なんとか助かろうと嘘を重ねたり、誰かに罪をなすりつけたり、必ずのように言い逃れをしてしまう。嘘によって真相が闇に葬られると、再発の予防策も立てられない。

確か韓国内では、もっと大型の船で大人数が亡くなった事故があったはず。再発予防の策が足りなかったのではと疑われる。

極悪の犯人がいるとしても、正しい情報と引き換えに命は保障するしかない。でも韓国の国民は、なかなかそんな路線に向くのは難しい気がする。報道でそう思うだけだが。

 

 

 

« 小川の辺(2011) | トップページ | アメイジング・スパイダーマン2(2014) »