映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« エンド・オブ・ホワイトハウス(2013) | トップページ | ハングオーバー!!!最後の反省会(2013) »

2014年3月26日

ホワイトハウス・ダウン(2013)

Columbiasonyetc

- 条件整いすぎ  -

アメリカ議会の警護官を勤める主人公。娘と訪れたホワイトハウスで、偶然テロに巻き込まれる。大統領を狙うテログループと戦うが、思わぬ黒幕が隠れていた・・・

・・・不思議なことだが、ほとんど同時期に「エンド・オブ・ホワイトハウス」という作品も作られた。どう考えても何かの情報が伝わり、アイディアを利用して別の作品を作ったとしか思えない。映画は多くの技術者が集まるから、どんな作品なのかは直ぐに知れ渡り、俺達はもっと良いアイディアで・・・と、話が進むのかも。

この作品の主人公のキャラクターはよく出来ていたと思った。条件が整いすぎて、できすぎた感じすらした。元兵士、議会議長のボディーガードで、大統領護衛官を希望、ホワイトハウススタッフには昔の恋人がいて、しかも今は離婚した後で娘との関係もよろしくない・・・揃いすぎていると思う。

まとまりすぎて、新味に欠ける印象が少しあった。期待を裏切る展開があったろうか?次に何か起こるか、ある程度は予想できるほうが安心感はあるけど、観客にハラハラさせる逆転、再逆転の仕掛けには、やや不足気味。

本職の脚本家が集まって作ったような、完璧すぎる臭いを感じた。もう一作がジェラルド・バトラーのオリジナルアイディアが先走ったので、脚本家協会として本領を発揮してやろう・・・そんな駆け引きが生じたのか?まあ、面白ければ我々としてはどうでもいいのだが。

ローランド・エメリッヒ監督には良いイメージがない。スター監督になった後は、どうもCGだけにこだわったかのような、味が大雑把な作品が目立つ印象。ヒット作を次々作るから、製作者からは重宝されているようだが、センスに疑問あり。でも、この作品は設定が良かった点もあって、悪い点があまり気にならなかった。まとまりがあって、CGやアクションも満載、良い活劇だったのでは?

活劇好きな人間なら、子供でも大人でも、恋人でも他人でも、誰とでも観れそうな気がした。この作品が日本で大ヒットしたような話は聞かなかったが、アメリカでならヒットしてもおかしくない。

主演のチャニング・テイタムは申し分ないと思った。体格、動き、個性ある表情は、少しひねたヒーローに最適だと思う。ヒロインに相当するマギー・ジレンホールもよく出てくる女優だが、こちらも特徴ある顔が印象的。際だつ美人ではないと思うのだが、ちゃんと頭を使ってそうな役をさせると、なぜか非常にリアル。

今回の大統領役のジェイミー・フォックスは、個人的にはミスキャストと思った。オバマ氏のような威厳を出す必要はないが、大統領として実在しそうな重々しさが感じられなかった。あちらの感覚では違うのだろうか?

テログループを引き入れる護衛官は良い味を出していた。できれば、彼の妻も事前に作戦を総て理解し、納得している設定のほうが良くなかったろうか?敵にも一理あったほうが、物語の重みが違うから。

犯行の実働部隊の連中も、それぞれの個性がちゃんと描かれていて、なかなか丁寧な演出だった。部隊内部の意見の対立や、成功、失敗が細かく描かれたら、それでリアリティは増す。細かい諍いをちゃんと挿入していたのは、やはりプロの仕事だったのだろう。

CGも美しかった。でも、ワシントンの街中を戦闘ヘリが飛び交ったら、古い町なんで、壁の一部などが壊れるビルも出る気がするが、空気の振動、窓のゆがみ、音響などに関して、少し不足する何かの技術的問題があったようには感じた。

戦闘機のパイロットには、遥か彼方の少女が旗を振っている姿が見えるのだろうか?よほど視力が良いのだろう。また、少女がいるからと命令を拒否するようで、職務が務まるのだろうか?その点は疑問に感じたが、美少女が好きなパイロットだったんだろうと、お茶をにごすしかない。

実際のホワイトハウスは、すぐ脇の小道、確か公園と道路つなぐ歩道だったか?を誰でも歩いて行けるので、誰かに紛れて入ろうとすれば可能なんじゃないかと思えた。建物の中に入る段階で、おそらく顔なじみしか入れないような検問があるんだろうけど、内部に複数の協力者がいれば、このい作品のように侵入することも可能かも。

銃火器を詰めたトラックを傍に停めていても、なにしろ広いし、あんまり気にする人は少ないだろう。そこから検問を一気に破壊し、複数の方向から侵入すれば、制圧も可能かも。

でも、いろんなパターンに対応できるように、訓練は充分やっていると思う。武器の保管庫に入る前に、テログループはかなりの人間が倒されていたはず。防御側も、物陰に隠れて応戦しないはずはない。今回の作戦は、少々上手くいき過ぎだったと思う。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」と、この作品のどちらが良かったかと考えたが、大きな差はないような気がした。どうせなら併映してみたらいかがか?3時間連続、本日オールナイト上映!観るのはいつ?・・・いまでしょ!といったキャッチコピーでいい。

 

 

« エンド・オブ・ホワイトハウス(2013) | トップページ | ハングオーバー!!!最後の反省会(2013) »