映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« レッド・ライト(2012) | トップページ | ランナウェイ/逃亡者(2012) »

2013年10月10日

たそがれ清兵衛(藤沢周平 作品集)

- 小説の合体!-

藤沢周平の小説を原作とする「花のあと」を観たのを契機に、滅多に小説を読まない私が、いちど原作を読んでみようと、文庫本を購入する気になった。まずは、この作品。

読みやすさに感服した。現代小説と時代小説をともに書く小説家は、文章に違和感を感じることが多い。これは現代文だよなと、登場人物のセリフに不自然さを感じるからだが、藤沢氏の場合それはない。

文章力の違いかも知れない。解りやすくテンポの良い文章は、読者を信じ込ませるような力があるから。文章力が足りないと、作者をバカにするような、読む気が失せるような感覚を覚える。幼稚な文章でないことが、読者側の納得につながるのか。

藤沢周平シリーズは、複数の書店が文庫本化している。どんな違いがあるのかよくは知らないが、文字の大きさや、本に選ばれる作品の種類は多少違っている。

さて読んでみて驚いたことに、映画の「たそがれ清兵衛」と原作とはストーリーが違っていた。原作はまさかと思うほど本当の短編で、たぶん週刊誌か何かに読みきりか、2~3回程度で掲載された小品だったに過ぎない。

映画で宮沢りえが演じていた女性は、本には出てこない。替わって映画では亡くなっていた妻が登場してくる。主人公の親戚や直属の上司なども、本には登場しない。それらの部分は、同じく短編の「祝い人助八」のほうの設定だった。解説によると、さらに別な小品(竹光始末?)も加わった話らしい。映画のストーリーが短編の合成だなんて、全く知らなかった。

彼の剣の腕を見込んで仕事を命じる藩の上役は両方に登場する。でも雰囲気はかなり違う。映画版のほうが非人間的に描かれ、単なる権力闘争の後始末に固執する重役といったキャラクターだが、本では義憤に駆られて行動しているような表現。

主人公が城の中で敵の首領を倒してしまうシーンは本だけ。映画版では、敵のボディガード役との戦いに絞られ、そのシーンが非常に独特だった。

映画だけではさっぱり解らなかったが、映画の原案、脚本製作には相当な工夫がされていたのだ。小品を長い映画に編集するなんて、黒澤映画やジブリ映画でもよく聞くけど、良いアイディア。

主人公のキャラクターは、本では顔長の、おそらく三枚目的な人物のようだが、映画では見栄えが必要と判断されたのだろう、二枚目が汚い恰好をするという演出。確かに、本当の三枚目では宮沢との恋物語は無理だ。

単行本には他にも小品があり、無口な人間、物忘れが目立つ人、おべっか使いなどの三枚目キャラクター侍が数々登場していた。でも共通して、いずれの三枚目も剣が立ち、強敵をあっさり倒していた。激しく切り合い、形勢逆転するような複雑さはない。映画での殺陣は随分とリアルだったが、本では簡単。

いずれも小藩の下っ端侍が主人公。いずれも危険を犯し、権力者か用心棒に相当する人物と対決する。ある場合は義憤にかられ、ある場合は出世などの取引といった細かい違いはある。

読者の多くがサラリーマンであることを想定していたのだろうか?下っ端の役人が、特技を生かして大きな働きをなし、藩の運命を変える役割を果たすという痛快さを約束できるような、そんな作品集。

映画版にも大変な魅力があったが、原作本にも特有の味がある。雑誌に掲載されて読んだら、きっと読者は満足したことだろう。雑誌の値段で良いものを読ませてもらったと思うだろう。そうでないと、直ぐ連載がストップしてしまう。

小説はかくあるべしと思った。良きアイディア、個性豊かな登場人物、決闘に代表される緊迫のシーン、そして終わりはまた静かに。ちゃんと定形にはまっている。あまりに長い作品は、読む際に根気が持たないし時間もない。

ちょっと思ったが、いかに剣の達人であったとしても、腕力や反射神経は誰でも衰えるはず。現実的には、しばらく鍛錬をしないでおくと、筋力不足で剣筋が狂う、逃げられる、反応の遅れで敵の剣を避けきれない、そのような事態が起こるはず。

引退したメジャーリーガーが急に日本球界にやってきても、バレンティンのようにホームランを打てるわけではない。常に厳しいトレーニングをしないと無理。したがって、いずれの話も大人の御伽噺。 もう少しリアルにする工夫も欲しかった気がした。

 

 

« レッド・ライト(2012) | トップページ | ランナウェイ/逃亡者(2012) »