映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主


Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« おとなのけんか(2011) | トップページ | ロラックスおじさんの秘密の種(2012) »

2012年10月15日

クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち(2011)

Idealeaudiencezipporahfilmsinctousd

- 胸は気にならない -

ヌードショウで有名なパリのナイトクラブのドキュメンタリー作品。スタッフ会議の様子や、舞台の練習のシーン、オーディションなどが記録されている。ドキュメンタリーに該当するんだろうが、途中で実際のショーも見せるから、いわゆる内部事情を探る普通の作品ではない。

美しいお尻の映像が満載。トップレスの映像は、他の映画ならウリになりそうなものだが、この作品ではトップレスが標準仕様なので、だんだん気にならなくなってしまった。なんだか凄い映画。

観終わった後、もう当分は女性のお尻は結構だと感じた。とにかく、全編がお尻に特化したダンス、照明技術のオンパレードで、何をドキュメントしたかと言えば、とにかくお尻という作品。ポルノと言えば、それでも通用するような映画だった。

出てくるお尻は、確かに選ばれただけのことはあり、非常に美しい形。美しいお尻を、いかに魅力的に見せるかに特化したステージのようだ。オーディションでもお尻を突き出したポーズをとらせて確認している。横から観たら変な姿勢だが、上手く突き出す体の柔軟性が要求されるようだ。ダンスも、ミュージカルのダンスと比べたら下品だが、ストリップ専門の踊りと比べたら芸術的で、非常に完成度が高い。

その完成度には、照明や装置などの技術的な面がかなり貢献していることを感じた。ライトの数、フィルターなどを操るスタッフがたくさんいるし、繰り返しのテストでレベルを上げる様子が詳しく描かれていた。仕事とはいえ、毎日お尻をアップすることに熱中するスタッフは、どんな気持ちだろうか?

かなりコンピューターを使って、効果を演出しているのも解った。照明も、音楽も総て手作業でやっていたら限界がある。テレビ局の編集室にあるような機械がたくさん写っていたが、高度な編集をやっているんだろう。

それでもダンサーの資質が一番重要だと思う。パリにはムーランルージュなど他の店もあるし、ラスベガスなどにも多くのショーステージがあり、才能あるダンサーを確保するのは、おそらく競争ではないか?

ロシア出身が何人か?といった会話もあった。昔からロシアとフランスは関係が深いし、経済状況とバレー人口の多さなどから、パリに向かうロシアの娘さんは少なくないのだろう。

彼女らは、どんな人生を歩むのだろうか?30歳以上になったら、容姿を維持するのは難しいと思うし、結婚もするだろう。この業界に留まる人は、たぶんスタッフにでもならないかぎり、少ないだろう。お尻を大勢の人に大公開していた人が、その後にどんな感覚で日常を過ごすのか興味がある。

かっての美しいお尻の写真でも眺めながら、「ばあちゃんは昔、お尻ダンサーだったのよ。」と、孫娘に語るのだろうか。

クレイジーホースは旅行のときのオプションで行くことが可能だった。でも、おそらく我々日本人には場違いの店であり、他の客からは白い眼で見られること間違いなしと思えたので、遠慮した。もったいなかったが・・・

ツアー仲間のほとんどは行ったのだが、迫力に圧倒されたと話していた。オッパイ丸出しで来られたら、さすがに圧倒もされるだろう。ショーとしては、たぶんラスベガスのショーのほうが演出も豪華なのではないかと想像するが、お尻に特化したショーも一度は見てみたい。

店の管理者が言っていたが、この店の成功のカギは、女性客にも受けるかどうかというのは本当だろう。女性といっしょに行ける程度の演出を越えたら、もはや完全なポルノの領域に入る。アングラ度が高くなって、店の品位、料金設定に悪影響をもたらす。美しいと感じさせる女性の体型と、セクシーだが嫌悪感を感じるほどいやらしくないギリギリのラインでの演出、そこを完遂させないと店は終わってしまう。

お尻を突き出して見せるのは、少し笑えるセクシー路線。いわゆるストリップ劇場では、お尻を突き出すままでは観客が怒り出す。オッパイを隠した状態から見せたらストリップ、最初から全開で何も気にせず見せたらクレイジーホース流。それをちゃんと認識しているのが、伝統ってやつらしい。

 

« おとなのけんか(2011) | トップページ | ロラックスおじさんの秘密の種(2012) »

無料ブログはココログ