映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« 幸せの始まりは(2010) | トップページ | ブリッツ(2011) »

2012年5月11日

ウワサの真相/ワグ・ザ・ドック(1997)

- タイトルはちょっと・・・ -

大統領の淫行スキャンダルの公表が明らかになる。ホワイトハウスのスタッフ達は腕利きの専門家を呼び、戦争の危機を演出する・・・

・・・ダスティン・ホフマン演じた映画プロデューサーや、デ・ニーロ演じた専門家の言動がおかしく、また不気味だった。プロに徹すると言えば聞こえが良いが、事実も犯罪も何も気にせず、目的のために手段を選ばない徹底ぶりが面白い。ブラックユーモアが好きな人には面白い作品。

アン・ヘッシュがクールな女スタッフを演じていれば、もっと面白かったかもしれない。デ・ニーロ達が人道に反した指示を出すと、どんな無茶な話でもクールに実行する実務家、表情も変えずに殺しを命じる、そんなキャラクターなら良かったのに。

Ann_heche

ハードボイルド風の怖い映画にすることも可能だったかもしれない。アルバニアが相手ではなく、架空の国でもいい。実際に戦闘するのもワルノリだが皮肉の意味では良いかも。

キャンペーンの方針に沿ってカントリー調の歌が作られるという話がおかしい。たまに日本でも紹介されているが、あちらの選挙はCMが凄い。いろんなパターンで作られている。だから、歌の製作は実際にやられているかも。コマーシャルのBGMとして、実際にミュージシャンを結集して使われているように思う。

ワグ・ザ・ドックという言葉は知らなかったが、解説されるとタイトルとして面白い。でも、知らない間は、この作品は無視される運命にもあると思う。日本語タイトルも、ちょっといただけない印象。テレビかいかがわしい週刊誌をイメージさせて、安っぽい。

この作品は、どぎついユーモアが嫌いな人にはお勧めできない。それさえOKなら、年齢性別は問わないと思う。ブラック・ジョークの映画だから、生々しい殺人シーンはないとしても、たぶん本来なら子供には向かない映画。恋愛は関係ない話だから、恋人と観るのも勧められない。家族で楽しめるような作りにしないとヒットは難しいと思うので、別な作り方のほうが良かったかもしれない。コメディアン達を多数出演させて、ミュージカルタッチで描くことも可能だったと思う。

危機をでっち上げ、キャンペーンによって世論を誘導し、選挙で勝とうとする。おそらく実際にも近い手段での工作はやられていると思うのだが、敵陣営も同様だろう。それに勝つことが必須なんだろう。汚いとか、倫理とかにこだわっていたら、先手を打たれて何も出来ないうちに負かされてしまう。

大統領選挙は激しいキャンペーン合戦だから、ほとんど戦争と同じ。でも、同じノリで国政も動かされたら怖ろしい。

イラク戦争もそれだったように思える。実際の危険性よりも随分大きく報道され、戦争にまで発展していた。あの作戦の目的は油田だったのか、フセインのような人物を倒すメンツだけだったのか、純粋に選挙のため?未だに解らない。同じような理屈でイランを攻撃することはあるだろうか?ありえると思う。

この映画は当時のクリントン大統領を意識した映画だろう。州知事時代の不正経理疑惑やセクハラスキャンダルが巻き起こっていたのを材料に、この作品は作られたに違いない。

ところが、実際に危機はあったのだ。唐突に攻めたアフガニスタンは当時は何の関係もない国のはずだったのに、実はテロが準備されつつある地域で、完全に制圧する必要があったのだ・・・ということは後で明らかになるのだが、当時はスキャンダル潰しの汚い作戦をやっているようにしか見えなかった。

本当に何かの情報に沿って行動したとしても、利用しようという意図がなかったとは思えない。スキャンダルに関して偽証したことは本人も認めた事実らしいので、きっと注目をそらす意図もあったはず。一石二鳥の狙いだったはず。

・・・・まさかと思うが、テロが演出ってことはないよねえ? いや、真相は解らない。

ホワイトハウスのスタッフの行動は、テレビシリーズでも色々描かれていた。そのものズバリの「ホワイトハウス」もそうだった。実際にも多数の報道官、選挙用スタッフ、広報用のスタッフ、今回描かれたような秘密作戦用のスタッフもたぶんいることだろう。

CIAやFBIとの関係がいまひとつ解らないが、両者は独立して行動しているのだろうか?劇中ではCIAによって仕事の邪魔をされていたが、互いにジャマしあう場面と協力する場面があるのだろうか?日本の場合は独立した捜査機関はたぶんない。政府の悪事が何かあっても、たぶんウヤムヤに終わっているのだろう。

「フェア・ゲーム」ではCIA要員の情報をホワイトハウスのスタッフが漏洩していた。あのような事件は、互いに緊張した関係でないとありえない。常に協力し合う関係もまずいが、敵対しあうのもどうだろうか?CIAの暴走という事態も大いにあると思う。

彼らの戦いの中で、米国民も我々も扇動されている気がする。権力を持つ連中のことだから、抵抗するのは難しい。キャンペーンを張られると、合法的に戦争を仕掛けたり逮捕されたりする。

 

 

 

« 幸せの始まりは(2010) | トップページ | ブリッツ(2011) »