映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« 容疑者(2002) | トップページ | 恋におぼれて(1997) »

2011年8月16日

ハリー・ポッターと死の秘宝・part2(2011)

- 壮大な物語でした -

ハリーポッターシリーズのラストを飾る作品。ホグワーツ魔法学校を舞台に、ヴォルデモート達闇の魔法使い軍団とハリー達の戦いが繰り広げられる。鍵となるのは、ヴォルデモートの命を隠した分霊箱。それらは意外な物だった。

・・・平成23年連休の後半は雨だった。子供を遊びに連れて行く場所が思いつかなくて、映画館に行くことになったが、「トランスフォーマー」「ナルト」「仮面ライダー」「ポケモン」など、興味がそろう作品がない。「いっそのこと、あの暗いハリー・ポッターを観ようか?」「お前バカか、あのシリーズは2作目くらいで終わってんだよ。」ってな会話があったが、とにかく鑑賞。3Dではなく、2Dにした。

前作までの謎が解ける回答編になっており、また幾分は暗さが薄れていたので、かなりの好印象。CGは相変わらず素晴らしい。今回は、ハリー君以外の生徒達、親や先生方も活躍していた。それぞれの個性が浮かび上がった点で、単作を取って比べれば、過去のどの作品より完成度は高いと思う。

末っ子6歳も、今回は最後まで観てくれた。非常に面白かったようには言っていなかったが、ラスト近くでは笑顔を見せていた。この作品は子供映画なんだが、恋人といっしょに観るのは悪くない。大人にも通用する部分がある。

決め手になった一人は、スネイプ先生。過去の想い入れ、一途な感情と運命は、一段と存在感を増した印象。彼の行動の謎が解けた感じ。ただし、過去の作品での行為には、若干の疑問点は残った。

もう一人は、生徒の中のネビル君。当初は小柄でドジな役だったが、意外なところで活躍するのが面白い。

Harikunnwarnerbrosyori

この二人の活躍が、物語の最初から考えられていたのか、途中で考え出したのかが気になった。作者のインタビューでも見れば解るだろうが、わざわざ探るほど暇ではないので、気になる人はファンのサイトでも見るといいだろう。

最初から想定していたなら、私は見事に騙されていた。見事に隠しおうせたね、スネイプ君、作者氏。途中で考え出したなら、いや、それでも素晴らしいアイディアだよ、感服いたしましたと申し上げたい。

壮大な物語になっていたことになる。世代をまたぐ話、冒険、友情、愛情の濃い展開内容。奥行きを感じる。

ただし、シリーズの最近までの数作は実に暗く、いつ終わるとも知れぬ辛い戦い、勝利の喜びなど忘れたかのような作品だったことは間違いない。もう少しハショれたらバランスが良くなったはずだが。

シリーズ最大の魅力は、魔法学校を舞台にした夢ある話と、先生達を出し抜く面白さ、大きな冒険をする興奮、いたずらっ子がギャフンという爽快感だったはず。深刻な面を前面に出すのは、本来なら避けるべき。

東洋系の美少女との恋物語など、中途半端に終わった印象もあるので、物語の完成度が本当に高いのかどうか、映画化の時点で上手く整理できたのかどうかが疑問。

敵に敗れて、手がかりもはっきりしないまま呆然と立ちすくんだままのラスト・・・そんな映画は絶対に作ってはいけない。スターウォーズだって、時々は勝利していた。「ロード・オブ・ザ・リング」のような超大作は、途中で話を忘れて大悲劇を見ているような気になった。長いシリーズになる時は、どこで切るかを原作とは違えて考えるべき。

日本では、「サスケ」「忍者武芸帳」の雰囲気が近いのかも。延々と戦い、逃げる物語。マンガのアストロ球団も凄かった。長い物語に耐えられる西洋人は、やはり日々が戦い、奪い合いが常識のゲルマン民族の末裔なのか。いいかげんに落ち着いて欲しい。

新しい魔法は、防御シールドのような壁。あれは技術的にはスターウォーズのシールドと同じ表現で良かったから、目新しいとは言えない。もうひとつは、学校の壁にいた兵隊の像を動かす魔法。これも、動きのパターンは「ハムナプトラ」シリーズや、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで骸骨が戦う映像と同じ。斬新ではない。

ハリーとヴォルデモートが組み合ったまま飛ぶシーンは、ラドクリフ君の表情が素晴らしくて、新しい表現と言えるかも。似たような揉みあいは、「ハンコック」でもあったが、ラドクリフ君ほどの表現はなかった。ラドクリフ君は得がたい主役だった。

エマ・ワトソン嬢は、私から言わせれば得がたい個性とは思えなかった。おしゃまな優等生タイプの個性、機転の利く良き仲間というキャラクターには合っていたと思うが、他の映画で生きる個性とは思えなかった。今後どのような活動をするのか、ちょっと興味がある。

ロン・ウィズリー君を演じた俳優は、子供の頃は友人として最高の存在感を出していたが、大きくなってからは体格と個性が合致していない印象も受けた。キャラクターとして、もともとの存在感が次第に薄れていった印象。ラストでもハリーを救う大事な役割を演じて欲しかった。

 

 

« 容疑者(2002) | トップページ | 恋におぼれて(1997) »