映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主


Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« 怪盗グルーの月泥棒(2010) | トップページ | トゥルーライズ(1994) »

2011年7月 3日

悪いことしましヨ!(2000)

- 古典 -

モテない孤独な青年が主人公。憧れの女性と結ばれるために悪魔と契約するが、魔法は不完全なものばかり。主人公はひどい目に遭う・・・

・・・ブレンダン・フレーザーはロケットマンの頃から知ってはいたが、演技力を感じたことはなかった。日本の山口智充に近いキャラクターだと思うが、どんな役もこなす器用な役者という印象。

今回の話では、冒頭では職場の仲間皆に嫌われ、敬遠されている人物を、いかにも威厳のなさそうな表情で演じていたかと思えば、中南米の麻薬王、金持ちの二枚目など、様々な役柄を演じて、どれも特徴をつかんでサマになっていた。

色んな人間の役を体験するのが話の流れなんで、それなりに特徴をつかんで観客を納得させつつ、完全に役にはまりきれずに笑わせる微妙な能力が必要。物まねが得意な役者でないとやれない。

うまく演じていたんで、それなりに面白かった。適度に節度も守っているようで、家族で観ることができる。恋人と観ても悪くない印象。基本的には真面目なテーマの映画だと思う。

悪魔役のエリザベス・ハーレイは、オースティン・パワーズの時の印象が強い。

お色気ギャグ映画に都合の良い女優らしいが、昔の妖婦のイメージからすると、やや表情が解りにくい。美しくてスタイルも良い女優だが、本来の役柄は小悪魔的なキャラクターであってほしかったはずなんで、ちょっと役に合わない印象。

2

写真の彼女は化粧の関係もあるだろうが、ボーイッシュなモデルといった感じ。

ヒロイン役はフランシス・オコナーという女優さんで、「A.I.」で主人公を捨てるお母さん役を演じて印象に残っている。凄くリアルな演じ方だった。

でも、この作品のヒロインには絶対的な可愛らしさが望まれた。おバカなカワイコちゃんのイメージが強いタレントではいけなかったのか?

原題のbedazzledは、魅了、幻惑するの意味らしい。enchantとの違いがよく解らないが、魔法にかけられるニュアンスと、フラフラするほど魅力され、性的なものも含むかの違いか?美しい女性に魅了される場合はbedazzleが正しい様子。

リメイク作品らしい。確かに古典的なテーマだった。

 

« 怪盗グルーの月泥棒(2010) | トップページ | トゥルーライズ(1994) »

無料ブログはココログ