映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主


Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« ゴールデン・スランバー(2010) | トップページ | ヤギと男と男と壁と(2010) »

2011年4月24日

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦(2011)

- 手抜き画像・場違いな感涙もなし -

女スパイが現れ、しんちゃんはスパイになるためのトレーニングを受けることになる。理由も解らないまま、しんちゃんは悪の博士の研究所に忍び込むが・・・

・・・どっこい、真相はちがっていたのだあ!という展開は明瞭で、子供達も理解できていた様子。ただし、以前よりも画が上手くなっていて、手抜きのような独特の画風ではなく、ドラえもん映画とほとんど区別がつかない。人物が違うだけ。

後でスタッフの紹介があったので観ていたら、スタジオが共通していたようだ。韓国か中国~香港あたりのCGスタジオに下請けを依頼してるのか?もはや、手書きでやるのは無理なんだろう。

脚本は日本人がやっていたようだったが、違和感は感じた。真面目であるはずの場面で、簡単にギャグに移行していた。そのため常識が薄れてしまったのか?という、恐怖に近い感覚を覚えた。

かっての野原家は、危機に際しては一致団結して無茶な戦い方をやっていた。敵うはずのない敵に、ヤケクソのような顔で突っ込んでいく、それがウリであった。今回も変な車で乗り込んではいたが、顔つきは違ってた。

また、スパイ一家の家族内の感情も、現代風というか、心の奥底に感情を隠して任務を遂行するというタイプのものではなかった。不思議な印象。

戦国に迷い込んで戦う作品では、場違いな感動を与えてくれた。実写版が後で製作されたくらいだから、本当に場違いなストーリーだったわけだ。あれが良かったのでは?スケールを大きく、感情に訴える何かがある、それが映画化する理由では?

この作品は家族で観れる作品だが、非常に出来が良いとは言えないのでは?満足感を感じる何かがなかった。恋人と観るような作品でもない。

 

 

« ゴールデン・スランバー(2010) | トップページ | ヤギと男と男と壁と(2010) »

無料ブログはココログ