映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主


Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« エアフォース ワン | トップページ | ゴールデン・スランバー(2010) »

2011年3月16日

震災の映像(2011)

押し寄せる津波の様子は、ただの報道では済まされない、強い感情を沸き起こす映像だった。繰り返しテレビで映されると、子供の心に悪影響を与えるのではないかと思えるほど。

繰り返し放映するのは適切だろうか?テレビではまずいと思う。人が死ぬ場の映像であるから。

テレビの画質が上がっているので、非常に怖い。阪神の震災の頃はまだ他人事だったが、今回は泣けてくるほど。逃げる車の動きも解るし、流れる建物の中には、おそらく多数の人がいただろうと考えると、平静ではおれない。

現場の事情が解らないので、ただの素人の遠吠えに過ぎないが、気づいた点を述べる。この文が当事者への失礼に当たらないことを祈る。今は国や電力会社の作業を見守るしかなく、問題点を追及しても仕方ない。でも、状況が安定したら疑問に答えが出ればいい。

①防災設備は適切だったのか

いつかは起こりうる震災だったが、実際の被害の大きさに驚く。防波堤などで対処は可能なような気持ちになっていた。関東大震災の時代とは違って、鉄筋のビルが多い現代では、押し流されるといっても限度があるはず・・・そんな安易なイメージが自分にはあった。

原発の冷却装置が津波にやられたというが、やられる可能性がある所に器材があることが理解できない。もし破損した場合には、当然違う場所に2-3箇所、予備の器材が用意されているものと思っていたが、どうだったのか?

津波でやられるくらいなら、弱点を狙われるテロ攻撃ではひとたまりもない。国際情勢が悪化したら、原発は全て操業停止しないといけないということになる。でも、それでは長期戦に耐えられない。

②シミュレーションは適切だったのか

場所によっては建物の3階まで津波が押し寄せていたようだが、漁港のあるような低い土地では可能性あること。確かに考えにくい規模ではあったが・・・

通信機器が進んだ現代で、数万人が行方知れずというのは信じられないが、電話が通じず役場が損壊した場合は被害状況を確認するのは確かに難しい。仮に町役場が壊滅したら、県の事務局が代行する、県庁ごと壊滅したら自治省が代行などとシミュレーションはあったはずだが、機能したのか?

かって原発に勤務されていた方の話では、責任者は優秀さの極みといった人物らしい。でも、いっぽうで検査データの改竄疑惑、緊急用ポンプの整備漏れなど、会社の体質として隅々に注意が至っていなかった疑いもある。

大きな施設で全てを管理するのは難しい。役人根性は緊急事態には通用しない。また、個人がいかに優秀であっても管理においてはシステムで対応しない限り無理。ミサイルで突然攻撃されても対処できるほどの緊急対応策を練っておく義務がある。

ライフラインの確保に関して、県単位では何度も訓練してあったはずだが、町のほとんどを流される事態を想定していなかったのか?三陸地方の津波は起こりうるはずのもので、被害が大きい場合の通信方法も考えてないといけない。

普通に考えるなら、器材を積んだヘリが地域を回って、最低限の通信をして回る体制、おそらく自衛隊が無線機器や電話会社の器材を運ぶ協定が必須だったと思えるが、どうしていたのか?連絡が取れない市町村があるということ自体、体制が充分に練れていなかったという意味かも。

③住民のモラル

暴動や略奪騒ぎが起こっていない様子なのは、日本が豊かで治安が良いこと、あまりに大きな天災で打ちのめされ、悪徳さえ霞むほどだからか。

かって関東大震災の際の殺戮騒ぎから考えて、日本人が常に冷静に対応するとは限らないと思うが、他者を思う公共精神が存在するのも間違いないと思う。でも時期が来れば、変化もありえる。阪神の震災の後に、神戸で少年のかっぱらいを見たことがある。被災が長期間に及ぶと、次第に心が変化する可能性も否定はできない。

④報道の仕方、情報発信の仕方

報道の仕方に不満あり。被災者の心情に配慮しながらの情報提供が望まれる。また一方で、早さや正確さを要する情報は伝えないといけない。原発の情報などは特に。

震災に関して、映画やドラマ、特番もできるだろう。その時は、オーバーにパニックを表現する演出はして欲しくないし、CGを使って津波を再現して迫力を出すといった営業的な手法もとって欲しくない。

レポーターがパニックを煽るかのような口調が目立つ。よくトレーニングされた人が画面に出るべきだ。静かに、事実のみを正確に報道する姿勢を貫いて欲しい。「今、最新のニュースが入りました!」といった受け狙いは、災害の場合は不適切。若いキャスターやタレントは、基本的に好ましくない。

画面に登場する専門家の話も、一部は疑問。正確さを最優先し、要らぬコメントは控えるべき。また、情報には発信者、根拠の添付が望まれる。解説者が「根拠が解らない、検査法が不明・・・」等と繰り返していたのは、情報発信に不備があったからだ。根拠も必要。

数日前、医師会からのメールに「節電せよ。余った電力を東北に回すから。」といった連絡が入った。これは全国的な情報らしいが、これがデマではないかという情報も直ぐ入った。デマなら、流す人の気持ちが解らない。

⑤情報統制と救命効率

死者数を明示しない協定があるのだろうか?30~300人と考えられるといった公表は被災者の感情を害するということだろうか?後日、「実は当初から死者数は○×人と考えていました。」と、真相が明かされるかも知れない。心情と救助の都合のいずれを優先すべきかは解らない。

救命措置を2~3日以内に完了しないと、助かる命も助けられない。死傷者の推定数、必要な物品の数が解らないと、病院も自衛隊も的確に対処できない。数字の正確さは重要。公表することによる害よりも、対処のしやすさを優先して公表する対応をとったほうが人道的では?

近くの自衛隊が騒がしかったのは、地震から一夜明けた翌日だった。当日の夕方から活動するのは難しいのか?明らかに巨大な災害であり、出動は必須。ヘリで分散して現地入りし、対策本部と直接連絡する体制を1日以内に完成しないと救命率は下がる。西日本の自衛隊は、地震発生の夕方には食料毛布を積んで出発しておくべきでは?微調整は後でやれば良い。法が認めないのか?

事前に報道規制を取り決めてあるのか?何を規制するかは、災害がどの規模でおこるかにより、様々なパターンに対応する仕組みを確保すべき。

⑥声明の出し方、内容

災害時の救急外来ではトリアージが行われる。死ぬ患者は黒、救命必須は赤といったタグの色分け。黒だったら、残酷なようだが死にそうでも他の人の治療が優先。

少なくとも政府内では緊急時の対応が周知徹底していたほうが良い。犠牲者千人規模ならパターンA、1万人規模はパターンB、原発事故はG、町長が死んだらS、といった具合。迅速な対応のためには、パターン化が必須。○●法に基づく規制により・・・といった法的な根拠も直ちに明示できるようにすべき。

「これを激甚災害に認定するか判定中、物資の輸送は検討中。」といった調子では間に合わない。

首相が表に出る必要はないが、繰り返し被災者を励ます談話は出して欲しい。電力会社を怒るより、皆を励まし、勇気づけて欲しい。非難は後でやれば良い。

 

 

 

 

« エアフォース ワン | トップページ | ゴールデン・スランバー(2010) »

無料ブログはココログ