映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« ヘル・ボーイ(2004) | トップページ | ザ・シューター /極大射程( 2007) »

2010年4月 4日

トランスポーター3 アンリミティッド(2008)

- トヨタのイメージアップ戦略は?-

主演 ジェイソン・ステイサム

プロの運び屋フランクは女と赤い袋の荷物を運ぶことになる。命令に背けば、手首に取り付けた爆弾が爆発する仕組みになっている。謎の組織の指令に従い、ヨーロッパを横断する・・・

トランスポーター・シリーズの第三弾。主演のジェイソン・ステイサムは最近アクション映画に出ずっぱりの印象がある売れっ子。今回のアクションも凄かった。このシリーズは安定した人気があるようで、繰り返しテレビ放映されている。

既に大きなアクションシーンは予告編で見ていたのだが、大きな画面で見ると迫力が違う。特にカーアクションが素晴らしかった。列車の上で車を走らせるという無茶なアイディアは、いったい誰の発案なのか知らないが、とんでもない。それが、上手くストーリーに納まっていた。

まずアクションありきの作品の場合、時にはストーリーから考えて無理か無駄と思えるアクションに気づく時がある。でも、この作品は、そんな素人のような愚は犯していない。さすがである。

共演していたヒロインが、いかにもこのシリーズ好みというか、ソバカスだらけのミニスカートが似合うモデル体型の女だった。美人とは思えない。あれは監督やプロデューサーの趣味なのかも知れない。

シリーズ2作目だったか、セーラー服みたいな格好の女ギャングが主人公の車を盗もうとするシーンがあったが、あれは通常のハリウッド映画では絶対に出てこない格好だった。日本の不良映画の影響を受けているのではないか?

カーチェイスも素晴らしかった。主人公の愛車はアウディのクアトロらしいが、当然アウディから出資金をもらっているはずだ。アストン・マーチンよりも、たぶん実際の性能も高いに違いない。本当は日本製の4WDのほうが小回りが効くかもしれないのだが、例えばランサーエボーリューションなどは映画には向かないだろう・・・

考えてみれば、映画で主人公がさっそうと乗れるようなイメージの車にはプレミア感が漂い、実際にも営業面で効果が出ると思う。日本車も、イメージ戦略のために映画に出資してみると良いかも。プリウスでカーチェイスすれば、燃料切れで相手が参るというシーンも可能だ。

まさか映画の中で加速が止まらないなどというギャグは出ないだろう。

主人公の格闘技はカンフーのようだが、板にはまった感じがする。ワイヤーアクションも取り入れて、香港映画の技術は完璧に移植している。

適度にすばやく、適度に重そう。ボンドシリーズの役者よりも迫力がありそうだ。ただし、顔はかっこよくない。スマートな感じがしない。彼の個性と、映画の売りが合っているようだ。ジェームズ・ボンドよりもB級の感じ。主人公は政府から資金を得ていないし、気取った英国を軽蔑するフランスが根城なんで、当然か。

この作品は、子供も観れると思う。殺しのシーンは派手な爆発がほとんどなので、陰惨な殺しを見なくて済む。銃撃はあるのだが、不思議と血まみれにはならない。恋人といっしょに観るのには最高。手を握り合いたくなるかも。

 

« ヘル・ボーイ(2004) | トップページ | ザ・シューター /極大射程( 2007) »