映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« グラン・トリノ(2008) | トップページ | 16ブロック(2006) »

2009年11月24日

善き人のためのソナタ(2006)

主演 ウルリッヒ・ミューエ

東ドイツの諜報機関シュタージの局員であるヴィースラー大尉が主人公。彼は極めて有能で、被疑者を厳しく調べ上げてウソを見抜いていた。新しい被疑者は舞台脚本家のドライマンで、彼の恋人には政府の要人が横恋慕している。女を横取りするために失脚を狙い、そのためにヴィースラーに証拠を集めさせるのだ。

芸術家達の感性や生き様に影響されてか、ヴィースラーは自分の仕事に疑問を抱く。脚本家が奏でるピアノソナタは、聞く人の心に響く。脚本家に恋人と政府要人との関係を悟らせたり、違法行為を見逃したりする。しかし、悲劇が訪れる・・・

・・・映画らしい映画。監督、脚本をこなしたドナースマルクが膨大な資料を基に作ったらしい。重厚な雰囲気、悲しい展開が冴える。タイトルも素晴らしい。でも面白くはない作品で、テーマから言っても仕方ないかも知れないが、昔のワイダ監督作品のような印象を持った。

したがって、この映画は大人専用、子供には全く向かない。恋人といっしょに見るのも勧められない。相手が芸術や人間性に関して一定の理解力を持つ人の場合は、むしろおススメ。極端に好みが分かれる作品だと思う。

全体の雰囲気が暗く重いので、全然楽しくない。盛り上がりのために、主人公の逮捕劇、恐怖を強く描くような場面があっても良かったような気がするが、作品の性格上、好ましくないと判断したのかも。ハリウッド製だったら、銃撃戦やカンフーアクション満載、死体がゴロゴロでないとプロデューサー達が納得しないのではないか?

Yokihito

主人公の人間像が良かった。まず独身であり、娼婦と関係した後に相手は次の客にそそくさと向かうシーンがせつない。おべっかを使うことができない関係で、おそらく出世は諦めないといけない。かっての同級生?が上司。有能だが、情けない立場。

彼が捜査するのが、人間的には尊敬の対象となりそうな芸術家達。彼らを捜査している最大の理由は、女優に対する大臣の横恋慕で、自分がその手先に過ぎないという情けない状況。この設定が実に良かった。極端な設定だが、似たようなことは日本の社会でも結構起こる。

当時の東ドイツのことは知らないが、古めかしいジャズの演奏にのって、これまた古めかしいジルバみたいな踊りを踊るシーンは、70年前のアメリカのようだ。戦前のままの社会生活が本当に続いていたのか?ヒップポップなんて考えられないような、時間が止まったような世界。

オリンピックの時の東ドイツは強かった。ステートアマだからだと思うが、体力勝負のスポーツではメダルの数が凄かった。「シュポルテ、フライ!」などという観客の掛け声で大会が盛り上がる時期があったらしい。でも、それくらいしか情報がなかった。情報は保安局がしっかり管理していたのだろう。

シュタージの局員は1~2万くらいだが、協力者、密告者が十万人以上いたらしい。重要人物、要注意人物には映画のような完璧な盗聴、監視も可能だったかも知れない。怖ろしい世界だ。

今なら小型モニターで動画つきで記録されるだろう。私は小人物で秘密らしい秘密を持たないが、それでも他人に自分の屁の音を聞かれるのは嫌だ。安心して裸にもなれないなんて、怖ろしい。子供と「チンコ!チンコ!フリフリ!」などと遊ぶこともできなくなる。

世界中で諜報機関が活動しているはずだが、局員達の自覚はどのようなものだろうか?例えば、今年民主党が政権を獲得しそうだと判った途端に、小沢、鳩山両議員の収賄疑惑が報道されたが、発表に関係した役人達は恥ずかしくはなかったのか? おそらく自民党の議員や官僚OBや、某国の諜報機関などの指示か、自分達の力の誇示のために捜査を始めたんだろう。

民主党が清廉潔白だとは思えないが、役人が宣伝めいた行為で選挙に関わるなんて、官僚としては越権行為だ。恥を知るならできない。身を慎み、国家に忠実に生きる役人は、きっと出世できないんだろう。官僚組織とはそういうものらしい。

« グラン・トリノ(2008) | トップページ | 16ブロック(2006) »