映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« P.S.アイ・ラブ・ユー(2007) | トップページ | マンマ・ミーア!(2008) »

2009年7月20日

ザ・ムーン(2007)

- シミュレート能力 -

ドキュメンタリー作品。アポロ計画で月に行った宇宙飛行士達のインタビューと宇宙での映像を混じえて、月探検の意味や影響を考えさせる内容。

この作品は家族で観れる。おじいちゃん世代から子供まで、感じ方は違っても楽しめそうだ。ただし、宇宙の映像に興味があれば。途中のインタビューが長すぎる感じはする。もっと宇宙の映像を見せて欲しい。

当時の宇宙飛行士達も今はおじいちゃんになっているのに驚いた。当たり前なんだが、インタビューに答えるおじいちゃん達は、60年代には第一線の飛行士だったわけで、その時の若々しい映像が頭にあるので、今見ると感覚的な違和感を覚えてしまう。

当時小学生だった私は、大阪万博のアメリカ館に月の石が陳列されたらしいと知ってはいたが、やはり別世界の出来事にしか思えなかった。実際には万博でも混雑して見ることは難しかったらしい。本当に月の石か?そのへんの石じゃないの?石ころを見て何すんだ?と思っていた。

当時のコンピューターは大型で、たぶん真空管などを使ってあったに違いない。よく地上に帰って来れたものだと思う。スタッフの努力と想像力が凄かったのだろう。予備実験を繰り返し、これから起こりうる危険を事前に察知し、対策を速やかに検討できるチーム作り、そんな組織作りがしっかりしていた。

今のコンピューター技術は凄い。処理能力などは数万倍に達しているかもしれない。でも人間の能力や気迫はどうだろうか? おそらく国家事業として、当時の最も優秀な技術者達が熱意を持って取り組んだ仕事だったろうが、今は別な方面に才能が流れているように思う。昨今は、米政府の計画の失敗を散見する。 

日本の場合は特にアラが目立つ。

今、私は特定検診用に国が作ったソフトを使用しているが、設定の仕方、使い勝手などに関してはあきれている。中学生のレベルの仕事にしか思えない。作ったのは優秀な成績で大学を出た人達のはずなんだが、「もしこうなったら、このような不具合の可能性は?」とシミュレートする能力には欠けているようだ。

さらに、このソフトを使って保険組合に提出するシステムがおかしい。データを暗号化するのは良いアイディアだったが、中枢部でまとめて漏洩されたら途中の暗号化など意味がない。しかも、読み取りできないことが続いている。別にこちらのやり方が不適切だからではない。使い手の立場に立って考えていないからだ。大事なことを解説していない。

他の施策を見ていてもそうだ。麻生首相や大臣達の答弁を聞いていても、視点がおかしい。責任逃れに重点があるので、人のやる気や希望につながらない。省庁から出てくる指示がまたおかしい。問題をいかに複雑にし、実効性を奪うか工夫したかのような、おバカな施策ばっかりだ。

核の持込に関することは、昨今の資料の公表によって明らかになってきたが、名言を避けるために要領を得ない答弁があっても仕方なかったかもしれない。アメリカからの要求が施策の根幹にある場合には、答弁がおかしいのも仕方ない。でも、それと関係ないはずの分野でも明らかにおかしい。

今年のインフルエンザの騒動は、大臣のパーソナリティを差し引いても、無駄と無理が目立った。たぶん他の省庁も似たようなものだろう。想像するに、もし外国が攻めてきたら、無駄に劣勢に立たされるだろう。トンチンカンな人物ほど重要な立場に立っていて、不必要に頑固で融通が効かない状態が蔓延しているのだ。臨機応変の対応など期待できない。

こんな社会では若者が希望を持つのは難しい。頑張れる方がおかしいのかも知れない。勉強熱心でいれるのは利己的で、社会がどんな状況でも気にしない、もしくは状況が解らないからこそかも知れない。

とにかく月から持ち帰った情報で、地球の歴史への理解は深まったと思う。最近の図鑑を見ると、子供の頃とは内容が随分違っている。天体の写真も非常に美しい。膨大な予算を使って無駄とも取れる仕事をしてくれた彼らの業績があったからこそ、我々は新しいことを知ったわけで、感謝しなければならない。

まさか「カプリコン1」のように我々がだまされているわけではないと思う。

 

 

« P.S.アイ・ラブ・ユー(2007) | トップページ | マンマ・ミーア!(2008) »