映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« 地上最大のショウ(1952) | トップページ | ボビー(2006) »

2008年6月 2日

タイムマシン(2002)

- 珍しい路線   -

テレビで観た。確か2回目ではなかったと思う。ということは結構人気がある作品ということか?

ストーリーは奇抜で面白かった。タイムトラベルの映画の中でも異色ではないかと思う。まず、未来に行くと支配しているのは機械やロボットではなく、地底人であった。しかも、その顔や能力の映像表現方法が面白かった。

地中にもぐって人を引きずりこむシーンは、実際に砂の中に入っていたが、うまく撮られていたと思う。ピョンピョン飛び跳ねる動作も、うまくトランポリンを使ってあったと思うが、これはさすがに使ったことがわかった。サルの惑星と同じような動作の限界があった。

CGも結構使われていた。これはロード・オブ・ザ・リングとほとんど同じような動きだった。若干の不自然さも感じた。

アイディアはたくさんあった。未来に行く途中で、図書館のコンピューターの中で案内をする黒人が非常に目立っていた。バセドー病じゃないかと思うが、目の玉が飛び出していて個性的だった。案内役として優れたキャラクターだった。

未来の地底を支配する超能力の男は、ちょっと映像で表現しにくい役だった。表情など無視して、完全な着ぐるみかCGでやらせても良かったのではないか?気味の悪さや、能力の凄さを実写で表現するのは難しいと思う。

過去のニューヨークの場面は良い雰囲気が出ていた。タイムマシンも古めかしくて、良いセンスだったと思う。

主人公を演じたガイ・ピアーズは、私にはあんまり魅力的には写らなかったが、キャラクター的には、普通ならシュワルツネッガーばりのヒーローが演じても合わない感じがするし、あんなものかも知れない。できれば、強い意志か体力、勇敢さなどが際立つ役者を使うべきではなかったかと思う。ヒーローらしくない。

普通なら、観客の共感を得るために、冒険好きのハチャメチャ男と学究肌の真面目男のコンビが旅をする設定にするのではないか?人物に魅力を持たせるのが鉄則だと思うが・・。

珍しい映画であった。家族でも恋人でも楽しめる作品だと思うが、でも拍手喝さいの大満足という作品ではない。ねらいがよく解らなかった。

« 地上最大のショウ(1952) | トップページ | ボビー(2006) »