映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« 慕情(1955) | トップページ | ステルス(2005) »

2008年6月14日

ブレイド3(2002)

Photo - 暗闇にサングラス・・ -

ジェシカ・ビールが出演しているので期待して観てみた。彼女は新しいアクションヒロインで、ミラ・ヨボビッチの後継者らしいので、観ておかなければならないと考えたのである・・別に義務はないんだが・・。

この作品の前の2作はウエズリー・スナイプス単独がアクションをやっているのに近く、特に2作目は格好づけた刀の使い方がおかしいほどであったが、カッコいいといえばカッコ良かった。相手を切った後に、いちいち地面に刀をつけてポーズをとるなんて、本物の殺し屋がすることではない。

今回のスナイプスは、刀の迫力は前回ほどではなかった。でも、相手役が刀の使い方が上手くなかったから剣劇の見栄えがしなかったためかも知れないので、スナイプス君ばかりを責めることはできない。

肝心のジェシカ・ビールは、私にはミラ・ヨボビッチほどの超美人とは思えないが、充分に美しく、スタイルもカッコよく、適度に野性的で人間的というか、モデルにありがちな冷たさを感じさせない女優だった。アクションは上手かったが、動きがとてもよいとは言えない気がした。

今後はどんな役を演じるのだろうか?とりあえず、ファンタスティック・フォーの女科学者役は、彼女のほうが向いているかも知れないと思った。適度にユーモアのセンスがあって、皮肉などを言えるキャラクターだからだ。

家庭の中で母親役をやっても充分やっていけそうな気がするが、彼女の魅力がだせるかどうかは解らない。恋愛映画でおしとやかにするのでは、果たして観てる客がどんな印象を受けるのか解らない。セックスシーンは得意のような気がする。

敵役の俳優は、全然怖い顔ではなかった。配役を間違っていなかったか?

スナイプスはギョロメが気持ち悪く、いかにも半分吸血鬼みたいな、怪しい雰囲気が良かった。マンガでもそうなんだろうが、奇妙なヘヤスタイルと「暗いところではサングラスが不必要では?」という素朴な疑問を無視したファッションも良かった。

最後のナレーションで聞くかぎり、どうやらシリーズはこれで終了らしい。本家のドラキュラまで倒したんだから、次は宇宙吸血鬼しかないと思っていたんだが・・。

 

« 慕情(1955) | トップページ | ステルス(2005) »