映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« ゾディアック(2006) | トップページ | セント・エルモス・ファイアー(1985) »

2008年2月16日

バッドボーイズ2バッド(2003)

- 横回転! -

アクション映画としては、一級品だと思う。子供にどんな影響があるかを考えると、あんまり見せにくいが、きっと楽しむこだろう。恋人と、純粋に楽しみのために見るには最高の作品。ロマンスは全然盛り上らないかも知れないが、とにかく飽きさせない。

金を横取りしようとする犯人がトレーラーから車を次々に切り離したため、放たれた車が横向きに高速道路をコロコロ転がるシーンは、怖ろしいほどの迫力! キレたように車を運転するウィル・スミスと対照的なマーティン・ローレンスの表情は喜劇とアクションが混在した傑作シーンと思う。

縦に車が回転するのは、マトリックス2のカーチェイスシーンだけではないかと思う。あれは凄かった。でも、あのSF映画だからできたシーンである。この作品では実感を出すために縦には回転していない。が、これでもかと次々車が転がって来た迫力は一級品だった。

どんな撮影法をすれば、あんな映像が撮れるのか、怪我しなかったか心配になるほど。車がコロコロ転がると面白いと解ってはいても、どう撮影するかは別。命を賭けて撮影するわけにはいかないので、入念に計算したに違いない。

激しいアクションの中に、おかしな表情を織り交ぜると、本当に面白い。最初の銃撃で、お尻に銃弾を喰らう時の叫び声と表情、そしてカーチェイスの中の表情は、おかしさが倍増する。製作者の意図は大成功していると思う。

日本では「あぶない刑事」が似たようなコンセプトで製作されていたが、やはり予算が違うので、この作品のような激しいカーチェイスや銃撃シーンは見られない。主演二人のキャラクターの面白さでは「あぶない刑事」のほうが上のレベルのような気がするのに残念。

主演二人の会話も面白い。会話がダサいと我々の興味が失われるが、無茶なキャラクターに皆が好感を持てる。よくできた話だった。

 

 

« ゾディアック(2006) | トップページ | セント・エルモス・ファイアー(1985) »