映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« アレキサンダー | トップページ | パッチギ! »

2007年1月30日

トロイ

- トロイの監督はトロイ? -

「トロイ」は、結構予算を使った大作だと思います。ギリシア艦隊がトロイ攻略のために海を渡るシーンや、戦闘シーンなどにはCGの美しい画像が使われていました。大人数や多くの船を出して迫力を出すのは、どれだけ多くても今は簡単にできるようですが、細かいところまで描けていました。

でも、この作品の主人公のアキレスは、わがままな悩みを抱えた青年として描かれていて、相手を引きずりまわしたり無茶をやりますから残虐な映像も結構あり、子供には見せたくないように思いました。ヒーロー映画ですが、ハッピーエンドではないので、例えば恋人といっしょに見る時を想像すると、はたして相手がどんな感想を抱くのか、ちょっと不安になるような作品でした。

欧米人は、私達より楽しめるかもしれません。古代ローマの建国の基になる人達が脱出する場面や、「オデュッセイア」などの古代の歴史絵巻を見る時の感覚が、例えば「俺達の祖先はここで脱出したんだよな~」といったふうになって、きっと我々と違うと思います。

アキレス像を、この作品のように描いて、どのような効果があるのかが私には理解できませんでした。確かに勇ましく強いだけのバカな英雄を描いてもいけないでしょうが、悩みが多すぎる主人公も理解を得にくい気がします。もっと単純で愛すべき人物として描いてはいけなかったのでしょうか? それではおめでたすぎるのでしょうか?

冒頭で巨人を倒す時のブラッド ピットがひらっと飛ぶシーンは、香港伝来のワイヤーアクションのようでしたが、後の戦闘でも2回このやり方が使われていたため、シラケてしまいした。必殺技は、一回が良いと思います。

同じく冒頭のシーンで、ブラッド ピットと女達が美しいお尻を見せる場面は、観客サービスとしては最高でした。本当に美しいお尻でした。この作品で一番の見どころです。

« アレキサンダー | トップページ | パッチギ! »