映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« レイダース(失われたアーク) | トップページ | 逃亡者 »

2006年12月 8日

インディ ジョーンズ(魔宮の伝説)

- 痛快冒険活劇  -

この作品も、前作に劣らずスリル満点の早い展開の冒険活劇でした。同じコンセプトで、さらにスケールアップ、スピードアップしてある感じでした。

この映画で襲ってくる危機は、① クラブ内部でショーとごっちゃになった銃撃戦、② 街中に出てからのカーチェイス、③ 飛行機からの脱出と滑走、④ 宮殿内部での暗殺者、⑤ 地下トンネルのトロッコレース、⑥ 襲ってくる水の恐怖、⑦ つり橋での宝の奪い合いシーンなどなど、思い出しただけでもたくさんあります。どれも、スピーディーで時にはおかしく、息をもつかせない展開でした。

悪役の魔法使いのキャラクターは、もしかするともっと現実的にしたほうが良かったかもしれないと感じました。本当に魔法を使ってましたが、まやかしで良かったのではないでしょうか? 

このシリーズで疑問に思うのは、洞穴などに虫やヘビがたくさんうごめいていますが、彼らは何を食べて長期間生きていられるのでしょうか? 誰かがエサをやってないと、死んでしまうはずです。 そんなくだらないことを心配してしまいました。

とにかく娯楽作品としては最高に近い完成度でした。家族、恋人といっしょに見ると今でも盛り上がりそうです。適度な恐怖、ジョークが織り込まれていました。あんまり批評しても、もともと高尚な内容などないので仕方ないかもしれません。見てください。

« レイダース(失われたアーク) | トップページ | 逃亡者 »