映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« プリティ プリンセス | トップページ | チキチキバンバン »

2006年12月14日

プリティ プリンセス2

- 実はファンなんです  -

おじさんは実はアン ハサウェイのファンです。見てもしょうがないかなと思いつつ、パート2も見てしまいました。パート1よりも少し成長したプリンセスの物語でしたが、相変わらずお茶目な行動で女王を困らせていました。前回結ばれたはずの淡い恋は、簡単に思い出に変っておりまして、やはり少女の心に付き合っていてはロクなことがないなと、私は再認識しました。

パート1と同様、この作品も夢見る少女が見るぶんには良い作品ですが、さめたギャルや、ノーマルなおじさんが見てもあきれてしまうようなギャグが中心の作品です。プリンセスが恋心で悩むために、どこかの貴族の青年は振り舞わされてしまいますが、この青年のことなど少女の迷いのためならどうなってもいいのよと、この作品は訴えています。こんなことでいいのでしょうか! かわいそうな青年の視点からの作品はないのでしょうか?

でも主演のアン ハサウェイは、可愛い女優です。年をとってから、どんな役柄を演じられるか分りませんが、イメージが固定されているような気はします。最近、「プラダを着た悪魔」に出演しているそうですので見てみようと思います。

しかし、実にくだらない映画です。やはりおじさんは見るべきではありませんでした。

« プリティ プリンセス | トップページ | チキチキバンバン »