映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« ドクトル ジバゴ | トップページ | ガープの世界 »

2006年10月25日

ダイアモンド イン パラダイス

- もうちょっとで傑作 -

主演 ピアース ブロスナン

この映画は、子供も大人もいっしょに見てよいと思います。ラブシーンは多いのですがソフトですし、殺人シーンはありますが極悪人だけですし、雰囲気がよく景色がとても美しいので、それを見るだけでも「あ~、あんなところに行ってみたいな~。」という気持ちになれます。恋人ともOKでしょう。ただし、傑作を期待してはいけません。

話の冒頭では、あざやかな手口でダイヤモンドが盗まれます。盗んだのはピアース ブロスナン演じる、ほとんど007のような男と、その彼女です。この仕事を最後に、引退するつもりだったようです。このときにダイヤを盗まれる側だった捜査官が、引退した男を追ってカリブのリゾートにやってきます。そして、豪華客船に展示してあるダイヤを盗むように仕向けますが、地元警察とギャングもからんで、四方が敵のような状況の中、ダイヤを盗むか盗ませるか?はてまた、誰をどうワナにかけるか?というストーリーです。

この作品は、もうちょっとで傑作になっていたのではないかと思います。話の冒頭の盗み方はすばらしいし、リゾートの描き方は最高でした。音楽もいけてました。もうちょっと脚本を練れれば話がおかしくならなかったのにと思います。ピアース ブロスナンよりも野性味がある俳優なら良かったのかも知れません。客船のダイヤの盗み方は皆が期待してますから、何か複雑な工夫が欲しいところでした。ダイビング場所から客船までが遠すぎて、話的にもおかしいはずのような気もしました。トリックも複雑かつ大胆な方法を考えて欲しいと思いました。

でも、私はこの作品を、もう一度見たくなりました。冒頭のシーンと、リゾートの景色が写っている部分だけです。これは素晴らしいと思いました。

« ドクトル ジバゴ | トップページ | ガープの世界 »