映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« 大いなる西部 | トップページ | 刑事ジョン ブック 目撃者 »

2006年10月21日

タクシー ドライバー

ー ジャングルと街を混同したの? ー

監督 マーティン スコセッシ 主演 ロバート デ ニーロ

衝撃の作品で、テーマも設定も表現方法も子供には全く向かない作品です。恋人と見るのも止したほうがいいと思います。できれば別の楽しい作品をお勧めしたいと考えます。こんな作品で喜ぶような危ない相手とは距離を持った方が無難です。家族で見るのも絶対にだめです。でも上質の作品だと思います。

ベトナム帰りでタクシー運転手になった男が主人公です。精神はかなり病んでいます。議員候補の何が気に入らなかったのか、ちょっと偽善的なところが気に障ったのか、あるいは単にその候補者の女性運動員の注意を引きたかったのか分かりませんが、とにかく候補者を殺そうとします。その一方で、売春をする少女を救うために、自分の命をかけて戦おうとトレーニングを始めます。どうやら実社会と戦場との区別がつかなくなっているようです。こんな男ですから、結末はきっと恐ろしいことになりそうですが見てのお楽しみです。

印象的な俳優がたくさん出ていました。主演のロバート デ ニーロは「ゴッドファーザー2」の後くらいに、この作品に出演しています。狂った様子が自然に演技されています。主人公が惹かれる女性運動員役のシビル シェパードは「ラスト ショー」などの作品で、汚れ役や喜劇役までこなしてます。売春のヒモ役は、ハーベイ カイテルだったとは最近まで知りませんでした。少女役もジョディ フォスターで、本当によくこれだけそろったものです。

映像も暗いトーンで、やたらに湯気が立つ不思議なニューヨークの光景が不気味に描かれています。そう言えばジャングルみたいな雰囲気です。ジョークも結構言いますが、やけくそみたいな感じです。カメラワークもよく考えてあるなと感心します。サックスの音楽も非常に効果的で、もの悲しくて暴力的で混乱した心理描写に非常に合っていると思います。私は一人で運転している時に、この音楽を思い出してしまうことがありますが、リラックスする音楽ではありません。かえって不安になり、悲しくなる曲です。

« 大いなる西部 | トップページ | 刑事ジョン ブック 目撃者 »