映画評

  • 当劇場は劇場主のための映画館です。訪問者を期待しておりません。内容の客観性、正確性は保障できません。でも、真摯な批評を目指します。

劇場主

  • 乙女座 AB型 どの占いでも最悪の運勢 内科クリニックやってます。

Conflict of Interest

  • 特にありません。

おことわり

  • 当劇場は誹謗中傷を目的としておりません。もし権利を侵害されたと感じられた方は、申し訳ありませんが管理会社や公的機関に御相談ください。

« いまを生きる | トップページ | バックマン家の人々 »

2006年9月30日

X-メン(1)

監督 ゲイだそうです。 主演 ヒュー ジャックマン

この映画は、いちおう子供にも見せられますが、好ましい影響はないでしょう。猟奇的なシーンはありませんが、殴る、蹴る、切る、溶かす?電撃を喰らわせるなどは当たり前の作品です。

大人が見るぶんには、恋人、友人といっしょか否か、その性別を問わず、おもしろい作品だと思います。

Ⅹ-メンはもともと人気コミックが原作だそうですが、実物を見たことはありません。アメコミはセリフが多くて独特の間があるので読むと疲れます。映画は3作に分けて作られていますが、パート1が最も雰囲気が出ています。超能力者の苦悩がテーマのひとつになっていて、ドラマとしても訴えかけるものがあります。おそらく監督の性的嗜好ゆえの疎外感が関係しているのかも知れません。 静かに始まり、途中も安っぽいアクション全開ノンストップという作りでないのが良いところです。

でも、やはり一番の見どころは超能力のシーンです。アイディアもいいし、その能力の表現もよくできています。中でも見ていて一番面白いのは、全身うろこのミスティークというキャラクターでしょうか。全シリーズで活躍しているようです。

各キャラクターが空中で見せるアクションについては、シリーズ第2作と比べるとワイヤーアクションに慣れていないのか少々ぎこちない動作も見られますが、作品としては第1作が最もまとまっているように感じます。

主演のヒュー ジャックマンは表情が良く、舞台劇でも通用するような迫力を感じさせます。異質な存在であることの苦悩を、よく表現できていると思います。逆にファムケ ヤンセン演じるキャラクターは表現しにくい能力のためか、イマイチ魅力に欠けている気がしました。同じように分りにくい能力のアンナ パキンは境遇を可哀そうに感じられたので、描き方のせいかも知れません。 ハル ベリーも演技というか動作に不自然さを感じました。アクション映画ですから、基本的に迫力のある俳優のほうが似合うのではないかと思います。

細かい点に不満がありますが、良くできた作品だと思います。もちろん大感動作ではありませんが、単純なCGものに止まらないドラマがあります。

« いまを生きる | トップページ | バックマン家の人々 »